バイアグラはED治療薬の中でどんな効能があるの?

バイアグラの効果について

一番有名なED治療薬バイアグラについて、どんな効き目があるかを調べてみました件

ジェネリックのED治療薬と効果の違い

edの悩み解消されたハッピーなカップル

医薬品には先発医薬品と後発医薬品が存在します。
最初に発売された医薬品が、特許で守られる期間は決まっており、その期間を超えた医薬品は、ゼロから開発にかかる費用をかけることなく、それぞれの国のルールにのっとって、製造販売の承認を得られれば全く同じ成分のジェネリック医薬品を販売することが出来るのです。

ファイザー製薬から発売されているバイアグラの有効成分はシルデナフィルという物質で、この成分がEDの治療に効果があるのですが、バイアグラの特許は既に切れていますので、日本でも多くの製薬会社がバイアグラのジェネリック医薬品を製造販売しています。

中でも東和薬品株式会社が発売しているバイアグラのジェネリックのED治療薬、シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」は、水なしで飲めるように、唾液の水分でも溶けやすいOD錠になっており、味も飲みやすさを追求して、レモン味とコーヒー味の2種類があります。

他にも日本の多くの製薬会社がバイアグラの有効成分である「シルデナフィル」の名前で、バイアグラのジェネリックのED治療薬を販売しており、先発医薬品であるバイアグラに対して、値段の安さや飲みやすさなど、何らかの優位性を持ったものがほとんどです。

しかし国内で製造販売されているバイアグラのジェネリックのED治療薬の場合、有効成分であるシルデナフィルの配合はバイアグラと同じ50mgまでなので、同じ50mgの錠剤の場合、バイアグラもバイアグラのジェネリックのED治療薬も、効果や副作用に大きな違いはありません。

ただ、同じ有効成分であるシルデナフィルを50mg配合しているからと言って、バイアグラとバイアグラのジェネリックのED治療薬が全く同じ成分で出来ているのかと言えば、全く同じでは無い為、有効成分以外の配合物によっては、バイアグラとは違った効果や副作用も考えられます。

また、バイアグラのジェネリックのED治療薬を作っている会社は日本国内だけとは限らず、海外の様々な製薬会社もバイアグラのジェネリックのED治療薬を製造販売しています。

日本国内のシルデナフィルを配合したED治療薬は全て50mgまでとなりますが、海外のバイアグラのジェネリックのED治療薬は100mgのものも多く販売されてます。

それらのジェネリックのED治療薬とバイアグラを比較した場合、単純にシルデナフィルの配合量が50mgのバイアグラよりも、 100mgの海外のバイアグラのジェネリックのED治療薬の方が効果も強いので、初めて海外のジェネリックのED治療薬を使う場合には、ピルカッターなどで小さくしてから服用することで、シルデナフィルの摂取量を調節可能です。

副作用はあるのか

仲良い夫婦の姿

ED治療薬を服用する場合、およそ9割の人が副作用を感じたというデータがあります。
副作用というと重篤な症状をイメージする人も多いかと思いますが、実は風邪薬を服用して眠気を感じたという症状も副作用の一種です。

副作用も眠気程度であれば、事前に分かっていれば問題ありませんが、アレルギー症状など、何らかの強い症状が出る場合もあるので、体調面が気になる方や服薬をされている方は注意が必要です。

医薬品には何らかの効果を体にもたらす成分が含まれている為、多かれ少なかれ、その成分が引き起こす作用が考えられます。
その医薬品を服用することでもたらされる何らかの作用の一つが副作用なのです。
医薬品を服用したことで考えられる副作用の中には、薬の効き目が強く出てしまう場合や、薬の成分によってアレルギー反応が起きてしまう場合などがあります。

例えば頭痛薬を服用する際に、正しい用法としては食後と記載されていますが、頭痛に耐えられず、食後ではなく空腹時に飲んでしまった場合、頭痛は治まっても胃への負担が強くなり、胃痛につながる場合があります。

また、服薬の際にお水でお飲みくださいの注意書きを無視し、アルコールで飲んでしまうことで眠気が強く出ることも考えられます。

また、体質によってアレルゲンとなってしまう成分が医薬品に含まれていた場合、この物質によってアレルギーが起こる危険性も考えられます。

ED治療薬の中でも一番歴史の古いバイアグラの副作用としては、血管拡張によるほてりや潮紅、目の充血、頭痛などの症状が知られています。

また、バイアグラで副作用が出なかった人でも、バイアグラのジェネリックの服用した場合、ジェネリックにはバイアグラと同じ有効成分が含まれているので、バイアグラと同じ医薬品が、特許が切れて安く製造されているというイメージがありますが、実は同じ成分が入っているのは有効成分だけであって、すべてが同じ薬とは限りません。

したがってバイアグラとバイアグラの副作用で比較した場合、その効果も副作用も全く同じとは限りません。

バイアグラを服用した方の大半が副作用を感じているので、ある意味バイアグラの効果が表れているという見方も出来ます。

日本でバイアグラを購入する場合、通常は医師の診断が必要となりますので、重い疾患がある人や血圧に問題がある人、心臓や心血管に問題がある人はバイアグラを処方されることはありません。

しかし最近ではネットを活用して個人輸入で医師を介さずにバイアグラを購入することも出来ますので、副作用などの危険性について医師に相談されてから購入することをオススメします。

バイアグラの効果を最大限使う方法

edに悩むカップル

現在、ED治療薬には様々な医薬品が発売されており、誰もが知っているファイザー製薬のバイアグラ以外にも、バイエル薬品が開発したレビトラ、イーライリリー・アンド・カンパニーが開発したシアリスなど、様々なED治療薬が販売されています。

しかもファイザー製薬のバイアグラとレビトラ、シアリスでは有効成分が異なるため、それぞれの有効成分の配合されたジェネリック医薬品も増えていて、最近では本家の先発医薬品よりも、金額の安い後発医薬品のED治療薬を求める人も増えています。

後発医薬品とは、ジェネリック医薬品の別名ですが、この数多くあるジェネリック医薬品の中でも、一番人気があり、有名なのがバイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルを配合しているカマグラというED治療薬です。

カマグラはバイアグラと比較して価格が安いため、多くのED治療薬利用者に人気を得ていますが、購入方法が海外から個人輸入という方法で、自己責任で購入しなければいけないことから、医師の処方で購入出来るバイアグラの方を信頼して愛用している方も少なくありません。

価格としては3倍くらい違ってきますが、やはり海外からの個人輸入となると、どこかの段階で薬剤がすり替えられるのではないか?本当に注文したカマグラが届くのかなど、不安要素は払拭出来ません。

しかしカマグラを製造販売しているインドのAjanta Pharmaは、きちんとした製薬会社なので、ここで作られるカマグラ自体は効果も含めて定評があります。

問題は、きちんと正規のカマグラが届くかどうかという話になりますので、個人輸入で購入される場合には、個人輸入代行会社を見極めることが重要となります。

では、国内でバイアグラを購入する場合は安全なのかと言えば、きちんと用法容量を守り、正しい飲み方をしなければ、効果が正しく出なかったり副作用の危険性もあります。

バイアグラを最大限に効果が発揮するようにするには、一体どういった飲み方をする必要があるかといいますと、実際に性行為で活用する場合には、性行為を行う1時間前に飲むというのが効果的だと言われています。

バイアグラの持続時間は大体5時間と言われていますので、あまり早めに飲んでしまうと、肝心なタイミングで効果が薄れてしまいます。

そして1日に服薬出来る回数は1回までと決められていますので、1度服用したら24時間以上時間を空ける必要があります。

また、バイアグラは空腹時の服用が効果的なので、食後にバイアグラを服用すると、効果が出るまでに時間がかかってしまったり、効果が薄れるというケースもあるので、食前に飲んでおくか、食後少し時間をある程度空けてからの服用が効果的です。



バイアグラの効果について

edに悩まされるカップル

ED治療薬として一世を風靡したバイアグラ。

バイアグラは1998年にファイザー製薬が発売したED治療薬なのですが、現在ではバイアグラの有効成分であるシルデナフィルを配合している様々なジェネリックも販売されています。

やはりEDで悩んでいる人にとって一番気になるポイントとしては、バイアグラは本当に効くのか?という効果の部分だと思いますが、やはり人によって個人差があるということと、服薬する状況として、他の薬剤の状況や、空腹時か?食後何時間後か?など、様々な状況でも効果は変化します。

バイアグラを服用して効果が出ないケースとしては、服用方法が間違っている場合と、身体的、精神的な体調面でも大きく影響が出ます。

まずバイアグラを服用する際には一番気を付けなければいけないのが、食前か食後かという服用のタイミングです。

通常の医薬品は食後に服用するのが一般的ですが、バイアグラの場合、食前に服用しなければその効果が半減します。

なぜ食後の服用はバイアグラの効果が下がってしまうのかというと、食べた食事の成分を吸収する動きによって、バイアグラの有効成分の吸収を妨げてしまう可能性がある為、食後に服用してしまったが為にバイアグラが効かなかったということは起こり得ることです。

ではどのタイミングに服用するのがベストかというと、食事をとる場合であれば、食前の1時間前に飲むか、ベストは空腹時に服用することが一番効果的です。

空腹でバイアグラを服用することで、有効成分がきちんと体内に吸収され、バイアグラの効果を十分に得ることが出来ますので、確実にバイアグラで効果を出したい場合、空腹時での服用を心がけましょう。

逆に食後に服用する場合には最低でも2時間以上はあけて、きちんと体内の食べ物が消化された後でバイアグラを服用することが効果につながります。

また、もう一つバイアグラが効かなかったという場合に考えられるケースとして、精神的な問題や性欲減退などの症状が関係している場合があります。

バイアグラは、飲めば確実に勃起をする薬という訳ではなく、あくまでも勃起しようとしている働きを補助する医薬品なので、媚薬のように性的な興奮を促進させる効果は含まれていないのです。

ですので、もしバイアグラが効かない理由が精神的な問題や性欲減退の場合、それ以外の治療方法を医師に相談されることをオススメします。

場合によっては、何らかの疾患や体調面も影響している可能性もあるので、単にバイアグラを飲んだから効果が出るという訳ではないのです。