バイアグラはED治療薬の中でどんな効能があるの?

バイアグラの効果について

一番有名なED治療薬バイアグラについて、どんな効き目があるかを調べてみました件

バイアグラの効果を最大限使う方法

edに悩むカップル

現在、ED治療薬には様々な医薬品が発売されており、誰もが知っているファイザー製薬のバイアグラ以外にも、バイエル薬品が開発したレビトラ、イーライリリー・アンド・カンパニーが開発したシアリスなど、様々なED治療薬が販売されています。

しかもファイザー製薬のバイアグラとレビトラ、シアリスでは有効成分が異なるため、それぞれの有効成分の配合されたジェネリック医薬品も増えていて、最近では本家の先発医薬品よりも、金額の安い後発医薬品のED治療薬を求める人も増えています。

後発医薬品とは、ジェネリック医薬品の別名ですが、この数多くあるジェネリック医薬品の中でも、一番人気があり、有名なのがバイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルを配合しているカマグラというED治療薬です。

カマグラはバイアグラと比較して価格が安いため、多くのED治療薬利用者に人気を得ていますが、購入方法が海外から個人輸入という方法で、自己責任で購入しなければいけないことから、医師の処方で購入出来るバイアグラの方を信頼して愛用している方も少なくありません。

価格としては3倍くらい違ってきますが、やはり海外からの個人輸入となると、どこかの段階で薬剤がすり替えられるのではないか?本当に注文したカマグラが届くのかなど、不安要素は払拭出来ません。

しかしカマグラを製造販売しているインドのAjanta Pharmaは、きちんとした製薬会社なので、ここで作られるカマグラ自体は効果も含めて定評があります。

問題は、きちんと正規のカマグラが届くかどうかという話になりますので、個人輸入で購入される場合には、個人輸入代行会社を見極めることが重要となります。

では、国内でバイアグラを購入する場合は安全なのかと言えば、きちんと用法容量を守り、正しい飲み方をしなければ、効果が正しく出なかったり副作用の危険性もあります。

バイアグラを最大限に効果が発揮するようにするには、一体どういった飲み方をする必要があるかといいますと、実際に性行為で活用する場合には、性行為を行う1時間前に飲むというのが効果的だと言われています。

バイアグラの持続時間は大体5時間と言われていますので、あまり早めに飲んでしまうと、肝心なタイミングで効果が薄れてしまいます。

そして1日に服薬出来る回数は1回までと決められていますので、1度服用したら24時間以上時間を空ける必要があります。

また、バイアグラは空腹時の服用が効果的なので、食後にバイアグラを服用すると、効果が出るまでに時間がかかってしまったり、効果が薄れるというケースもあるので、食前に飲んでおくか、食後少し時間をある程度空けてからの服用が効果的です。



バイアグラの効果について

edに悩まされるカップル

ED治療薬として一世を風靡したバイアグラ。

バイアグラは1998年にファイザー製薬が発売したED治療薬なのですが、現在ではバイアグラの有効成分であるシルデナフィルを配合している様々なジェネリックも販売されています。

やはりEDで悩んでいる人にとって一番気になるポイントとしては、バイアグラは本当に効くのか?という効果の部分だと思いますが、やはり人によって個人差があるということと、服薬する状況として、他の薬剤の状況や、空腹時か?食後何時間後か?など、様々な状況でも効果は変化します。

バイアグラを服用して効果が出ないケースとしては、服用方法が間違っている場合と、身体的、精神的な体調面でも大きく影響が出ます。

まずバイアグラを服用する際には一番気を付けなければいけないのが、食前か食後かという服用のタイミングです。

通常の医薬品は食後に服用するのが一般的ですが、バイアグラの場合、食前に服用しなければその効果が半減します。

なぜ食後の服用はバイアグラの効果が下がってしまうのかというと、食べた食事の成分を吸収する動きによって、バイアグラの有効成分の吸収を妨げてしまう可能性がある為、食後に服用してしまったが為にバイアグラが効かなかったということは起こり得ることです。

ではどのタイミングに服用するのがベストかというと、食事をとる場合であれば、食前の1時間前に飲むか、ベストは空腹時に服用することが一番効果的です。

空腹でバイアグラを服用することで、有効成分がきちんと体内に吸収され、バイアグラの効果を十分に得ることが出来ますので、確実にバイアグラで効果を出したい場合、空腹時での服用を心がけましょう。

逆に食後に服用する場合には最低でも2時間以上はあけて、きちんと体内の食べ物が消化された後でバイアグラを服用することが効果につながります。

また、もう一つバイアグラが効かなかったという場合に考えられるケースとして、精神的な問題や性欲減退などの症状が関係している場合があります。

バイアグラは、飲めば確実に勃起をする薬という訳ではなく、あくまでも勃起しようとしている働きを補助する医薬品なので、媚薬のように性的な興奮を促進させる効果は含まれていないのです。

ですので、もしバイアグラが効かない理由が精神的な問題や性欲減退の場合、それ以外の治療方法を医師に相談されることをオススメします。

場合によっては、何らかの疾患や体調面も影響している可能性もあるので、単にバイアグラを飲んだから効果が出るという訳ではないのです。